JAあきた北央

管内の農業

菌床しいたけ

しいたけ当JA管内では、平成17年度より県の補助事業を活用した菌床しいたけの栽培に取り組んでいます。

現在は5名の会員がおり、品質は県の種苗交換会などでも高い評価を得ています。

また、平成24年度より、生産者からなる北秋田きのこ組合により新たに菌床製造施設を導入、生産原料である菌床の安定化と導入コストの低減により、生産品質の更なる向上と農家所得の増加に取り組みます。